BIT VALLEY 2019にスポンサードしました!

9月13日(金)〜9月14日(土)に開催されたBIT VALLEY 2019 に、ビズリーチはダイヤモンドスポンサーとして協賛しました。

スポンサー

BIT VALLEY 2019の参加者は学生が大半を占めており、さらに地方からも多数参加されていて、普段関わることが出来ない学生と接点を持て、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

ブース

今回はエンジニアの参加者が9割と聞いておりましたので、参加される方々に、より楽しんでいただこうと、エンジニア向けにクイズを作りました。 結果、2日間で200人以上の方に足を止めていただき、楽しんでいただきました。

ブース

また、テクノロジー×クリエイティビティというテーマの元、色鉛筆と付箋のアジャイルキットをノベルティとして用意致しました。

ノベルティ

セッション

今回はAWS様にお願いし、弊社 システム本部 本部長 園田剛史と、 Amazon Web Services Japan 技術統括本部 本部長 荒木 靖宏様 合同で、「就活前に身につけておきたい、クラウド時代に必要なエンジニアスキル」と題しまして、対談形式にてセッションを行わせていただきました。 少しでも参加していただいた方のお役に立てれば幸いです。

セッション

クイズの答え

最後に、ブースにて出題しておりました、クイズの解説を行いたいと思います。

クイズ最終

最終的に解答の割合は以下のようになりました。

  1. BIZREACH 5%
  2. HRMOS 46%
  3. yamory 49%

解説

console.logの直前で行われている、const foo = 'HRMOS' は、1行目で定義された 変数foo とスコープが異なるため、表示されるのは6行目で 変数foo に代入された、 yamory となります。
もし3行目 const foo = 'HRMOS'const がなかったとすると、 1行目で定義された変数fooに'HRMOS'を代入することになる ので、表示される内容は HRMOS となります。

実行結果はこちら

、、ということで正解は

3番の yamory です!

yamoryは、ビズリーチが提供する、オープンソースの脆弱性と対応優先度を自動で可視化する、セキュリティツールです。

正解できましたでしょうか? また機会があれば、ブースにて問題を出せればと思いますので、見かけた際はチャレンジしてみてください。

では、また別のイベントでお会いしましょう!